このサイトは競輪の補助金を受けて作成したものです。

メインメニュー
運営者


Japan Institute of Invention and Innovation
青少年創造性グループ
〒105-0001
東京都港区虎ノ門2-9-14
発明会館内
TEL 03-3502-5434
FAX 03-3502-3485

http://koueki.jiii.or.jp/

検索

発明クラブ活動状況 - 写真で見る「第72回全日本学生児童発明くふう展」

写真で見る「第72回全日本学生児童発明くふう展」

カテゴリ : 
クラブの活動状況ブログ
執筆 : 
jimukyoku 2014-4-11 18:31

平成26年3月26日(水)から30日(日)までの5日間、東京・北の丸公園の「科学技術館」で開催した

「第72回全日本学生児童発明くふう展」の会期中の模様を写真で振り返ります。

 
会場内は、 ‖72回全日本学生児童発明くふう展 入選作品155点の展示
 
          
  
        発明教室
         
 
        B郛綸纏匕家鏡展示
         
  
        ち韻舛磴鵑離汽ぅ┘鵐攻擬
         
 
       ヌ亙鑄陛玄
         
 
 
に分かれています。
 
「見て、体験して、遊べる」会場になっており、5日間で3,000人以上のお客さんが訪れてくれました。
 
それでは、それぞれの様子をもう少し詳しくご紹介しましょう。
 
 ◇入選作品展示◇
    
   
    やはり人気が高いのは恩賜記念賞・特別賞。
    青いジャンパーの係員が操作方法などを説明しています。
 
    
 
    昼前後は来場者のピーク時間。こんなにいっぱいの人たちが。
 
    
 
    会場中で発明くふう作品を楽しんでくれました。
 
 
    

  ◇発明教室◇

   発明教室は毎日違う内容で、協賛企業や発明クラブなどの協力を得て開催しました。

   今年もすごいラインナップ。連日満員で大盛況!

   まず初日の3月26日は、本田技研工業さんによる、

   「ダンボールでミニASIMOを作ろう!! Hondaドリームハンズ」

      

   27日は三菱電機さんによる、

   「ペットボトルを使って風力発電しよう! 風と羽根の不思議な関係」

   

   28日は2種類の教室を開催しました。

   まず、台東区少年少女発明クラブによる、

   「コロコロ二輪車を作ろう!」

   

   パイロットコーポレーションさんによる、

   「知ってみよう!作ってみよう万年筆」

   

  29日はトヨタ技術会さんによる、

  「科学のびっくり箱!なぜなにレクチャー  ホバークラフト」

  

  最終日の30日は、大日本印刷さんによる

  「本づくりのひみつ

    リングとじの発明ノートを作ってみよう!」

 

 ◇卓上電子顕微鏡◇

  3万倍もの倍率でミクロの世界をみることのできる電子顕微鏡を

  日立ハイテクノロジーズさんのご協力で展示しました。

  

 ◇善ちゃんの日替わりサイエンス教室◇

  あの、「サイエンス演芸師 善ちゃん」も毎日会場でたくさんのはつめいキッズを

  楽しませてくれました。

    

  すごい時はこんな人だかりで、善ちゃん大忙し。

  そして、27日には善ちゃんの真骨頂!「サイエンスショー」も開催し、                      

  会場は笑いと驚きに包まれました。

  

  ◇ホンモノ?ニセモノ?君はわかるかな?(模倣品展示)◇

  国際知的財産保護フォーラム(IIPPF)のご協力で、今年も模倣品の展示を行いました。

  模倣品のあまりの精巧さに、見る人もびっくりです。

  

  

 どうでしたか?なかなか充実した会場でしょう(自画自賛)。

 今年もたくさんのはつめいキッズにご来場いただき、ありがとうございました。

 本当はもっともっと良い写真があるのですが、今回はここまで。

 また来年も開催しますので、ぜひお越しくださいね!

 

  

 

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://kids.jiii.or.jp/modules/d3blog/tb.php/58
?3?イQ??\アb?IAe??O