このサイトは競輪の補助金を受けて作成したものです。

メインメニュー
運営者


Japan Institute of Invention and Innovation
青少年創造性グループ
〒105-0001
東京都港区虎ノ門2-9-14
発明会館内
TEL 03-3502-5434
FAX 03-3502-3485

http://koueki.jiii.or.jp/

検索

発明クラブ活動状況 - IEYI中国写真入りレポート(7月15日・16日)

IEYI中国写真入りレポート(7月15日・16日)

カテゴリ : 
クラブの活動状況ブログ
執筆 : 
jimukyoku 2016-7-22 19:40
 
IEYI2016 写真レポート (7月15日〜16日)  ※写真ばかりのレポートです

715

ロビーで参加者登録を行ってから、ホテル横の展示会場に移動してブースセッティングです。

後ろに見えるのが展示会場。地下は巨大なショッピングモールになっています。

準備前の会場。その広さがお分かりいただけるでしょうか。

各自作成した掲示物でブースを装飾します。

これは小倉くんのブース。貼ってある資料の作成は妹さんも手伝ってくれたとのこと。

 

こちらは先くん。彼のブースは翌日さらに進化を遂げます。

 
 
荒川くん。こちらのブースも後日変化します。
 
 
ブース準備完了の黒澤君。でも作品が故障していました。
 
 
チャレコンブース。左から佐々木くん、久保くん、西村くん。
彼らの作品にも故障がありました。
 
日本のメンバーはどの国よりも遅く、7時半までかけてセッティングを行いました。

写真が暗いのはそのためです。

さあ、IEYI2016は明日開幕です!
 
 
716
 
ついに初日です。8時から開会式が開催され、その後一般来場者向けの展示が始まりました。
 
 
開会式の様子。
 
 
一堂に会した参加者たち。手前はタイからの参加者。
 
 
各国から青少年一名ずつが壇上に上がりました。
日本からは黒澤くん(右から3人目)。旗を持っているのはハルピンの副市長さん。
 
 
会場入り口には長蛇の列。併催のアニメーションウイーク(動漫週)のお客さんも。
 
 
さっそくお客さんが日本ブースにやってきます。
渡邉彩ちゃん、一生懸命説明しています。
 
 
先くんのブース。昨日はなかった浮世絵が飾られていることにお気づきでしょうか。
 
 
美術部所属の彼はこれを昨夜一晩で描きあげたとのこと。
 
 
黒澤くんは現地ガイドさんに借りた工具で修理中、午後からのジャッジ訪問に間に合うか?
 
さすが恩賜記念賞受賞者。きっちり間に合わせました。
 
 
小倉くんも作品を実際に動かしてしっかりと説明しています。彼は終始落ち着いていました。
 
 
こちらもメンタルの安定感抜群の荒川くん。説明がとても丁寧です。
彼のブースも右側面に新しい説明書きが追加されました。
 
 
神谷くんのブースにも昨日はなかったイラストが。今年は画才のある人が多い!
 
チャレコン組と神谷君。お客さんはアニメウイークに来たコスプレイヤーです。
 
 
水口くんの荷物らくらくん。こうしてやってみせるのが一番のプレゼン。
 
 
 
安藤彩乃ちゃんの一人ではかれる身長計も人気。
最年少ながら舞台度胸は満点。
 
チャレコンブースはどんどん工房と化していきます。
分担して着々と作業を進めていきます。
チャレコンチャンピオンチームのすごさを見ました。
 
明日の午前まで、ジャッジが突然訪れることになっています。まだまだ気が抜けません。
 
 

 

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://kids.jiii.or.jp/modules/d3blog/tb.php/93
?3?イQ??\アb?IAe??O