このサイトは競輪の補助金を受けて作成したものです。

メインメニュー
運営者


Japan Institute of Invention and Innovation
青少年創造性グループ
〒105-0001
東京都港区虎ノ門3-1-1
虎の門三丁目ビルディング
TEL 03-3502-5434
FAX 03-3502-3485

http://koueki.jiii.or.jp/

検索

発明クラブ活動状況 - 最新エントリー

松山空港に到着すると、IEYIのスタッフがお出迎えしてくれました!

 
 
初日はホテル到着後、すぐに就寝…
 
 
 
2日目は展覧会場で各自展示ブースのセッティングです。
それぞれが準備した説明用の資料や小物で、ブースを飾りつけます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いよいよ本番です!

1116日(月)から18日(水)にかけ、台湾新北市にて開催される2015年世界青少年発明工夫展(略称:IEYI2015)に向けた結団式が開催されました!

 
 
 
 
これから羽田空港へ移動し、台湾へ向け出発します!
 
 
平成27年度 青少年創造性開発育成海外交流台湾派遣団 
団員名簿
 
〔公益社団法人発明協会役職員〕
|帖…后 扇谷 高男
副団長  幡野  政樹        H觸馗后 橋岡 智和
せ務長  中野  雄生        ゼ臉蔽聴 佐久間 彩子
 
〔第72回全日本学生児童発明くふう展 特別賞受賞者〕
國分 崇宏    (内閣総理大臣賞   :福島県立郡山北工業高等学校3年)
    石山 翔雲 (文部科学大臣賞  :調布市立第八中学校2年)
    海田  匠美   (発明協会会長賞   :下関市立豊浦小学校5年)
    池田  直哉  (発明協会会長賞   :愛知県立岡崎高等学校2年)
    笹 晃瑶  (毎日新聞社賞      :松戸市立殿平賀小学校6年)
    中村航太郎  (毎日小学生新聞賞 :長岡京市立長岡第二中学校1年)
    高橋    (WIPO賞       :船橋市立行田西小学校5年)
〔第4回全国少年少女チャレンジ創造コンテスト文部科学大臣賞受賞チーム〕
    田中  廉    (愛媛県立松山中央高校1年)
       優太     (松山聖陵高等学校1年)
    長山 亮太   (松山聖陵高等学校1年)
 〔第37回未来の科学の夢絵画展 特別賞受賞者〕
    相生 康博   (文部科学大臣賞:刈谷市立富士松中学校1年)
    金田  仁愛     (発明協会会長賞:富岡市立西中学校2年) 
 
 
以上17名

 

平成27年7月1日より、「第59回東京都児童生徒発明くふう展」の募集を開始しました。

下記要項をご覧の上、奮ってご参加ください!

申込用紙はこちらから。  


/醜書 ⊃該塞

 

 

開 催 要 項
 
1.参加資格:都内の小・中学校に在学する児童・生徒
2.募集作品:児童・生徒自身の創意くふうによる自由作品
            .汽ぅ此縦・横・高さ各1m以内、重量20坩米癲(サイズ超過のものは選外となります)
            ⊃量:学校、発明クラブ単位でお申し込みください。
           1校・1クラブにつき最大20作品、生徒1名につき1作品まで。(共同製作は3名まで)
               備考:現物送付時、動作の説明用に動画(1分以内)を添えていただくことも可能です。
      ※次の作品は応募できません。
“明くふう作品と認められないもの(単なる模型・工作品・美術品、手芸品、
 レポートなど)
展示にふさわしくないもの(危険物、生物、公序良俗に反するものなど)
B昭團▲ぅ妊◆作品の作り直し(過去の展覧会に出品されたものを作り直したも
   の。市販キットを組み立てたもの、HP・本・テレビ番組等で紹介されたアイデア
   をそのまま使ったものなど)
                     ぢ昭圓涼療財産権を侵害するもの(商品名や著名キャラクターの使用など)
3.応募方法:所定の出品申込書並びに出品票に必要事項を記入の上、作品の写真を添付して
              公益社団法人発明協会 青少年創造性グループへ応募期間内にお申し込みください。
              お申し込みの際、作品現物の送付はしないでください。書類審査を通過した方へ後日ご案内します。
4.応募期間:平成27年7月1日(水)〜10月9日(金)書類必着
5.審  査:書類審査通過作品を主催者が委託する審査委員(学識経験者及び関係官庁職員等)により審査し    ます。 (書類審査、現物審査の結果はFAXにて通知します)。
※書類審査を通過した作品は、現物審査のため作品を発明協会にご送付・またはご持参い
ただくことになります。日程等については、書類審査結果とともにご案内します。
6.展 覧 会特別賞・優秀賞・入選の各作品を展示いたします。
(1)会期…12月9日(水)〜12月12日(土) 
午前10時〜午後4時
(なお、初日は13時から、最終日は14時まで)〔予定〕
(2)会場…東京都議会議事堂 都政ギャラリー 〔予定〕
(3)作品の搬出優秀賞および入選作品は展覧会最終日にお引き取り願います。
         ※特別賞受賞の12作品は全国展に推薦いたしますので発明協会にて保管させていただきます。
         ※作品の取り扱いには最善の注意を払いますが、万一不可抗力により紛失または破損した場合は
            ご容赦ください。
7.表  彰:(1)個人表彰【出品児童生徒に対する表彰 】
              ‘段名泯隠嘉
                     東京都知事賞、東京都教育委員会賞、発明協会会長奨励賞、東京商工会議所会頭賞、
                        毎日新聞社賞、毎日小学生新聞賞、日刊工業新聞社賞、日本弁理士会会長賞、
                        東京文具工業連盟会長賞(以上、各1点)、発明協会奨励賞(3点)
              ⇒ソ┥沺。横嘉澄  ´F選 56点                 
                      (2)学校表彰【 出品校に対する表彰 】 東京都教育委員会賞  3校         (以上予定)
8.表 彰 式12月12日(土)午後2時〜 都民ホール(都議会議事堂1階)(予定)

 【お問い合わせ先】公益社団法人発明協会 青少年創造性グループ  前野、橋岡 

            03-3502-5434 

遅くなりました!

平成27年3月25日から29日まで、科学技術館(東京)催事場で開催した「第73回全日本学生児童発明くふう展」の模様をお伝えします。
 
今年も会場内では、恩賜発明賞以下発明くふう作品の展示、協賛企業・発明クラブなどによる「発明教室」、ホンモノニセモノ(模倣品)、卓上電子顕微鏡の特別展示、サイエンス演芸師「善ちゃん」のサイエンスショー&サイエンス教室を行いました。
 
それぞれの様子をご紹介します。
 
発明くふう作品の展示は一番人気。

たくさんの人達がこどもたちのアイデアの素晴らしさを楽しんでくれました。

同じ展示会場内には特別展示の「卓上電子顕微鏡」と、ホンモノニセモノが展示されています。こちらも大好評!

知っているものの知らない世界!電子顕微鏡で見よう!

 協力:株式会社日立ハイテクノロジーズ

 ホンモノ?ニセモノ?君はわかるかな?

 協力:国際知的財産保護フォーラム(IIPPF)

お隣の教室会場、日替わりの「発明教室」はこのようなラインナップで実施しました。
どの教室も満員御礼!
 
3月25日 丈夫な橋を作ろう!  
        講師:三菱電機株式会社 人材開発センターの皆さん
 
 
3月26日  知ってみよう!作ってみよう万年筆
         講師:株式会社パイロットコーポレーション 
             栗山兼臣先生、谷平徹治先生、杉原健二先生

3月27日(金)  ダンボールでミニASIMOを作ろう!!〜Hondaドリームハンズ                            

           講師:本田技研工業株式会社 社会活動推進室の皆さん

 3月28日(土) (午前)  歯ブラシカーを作って、走行競技大会

                講師:さいたま市少年少女発明クラブの先生達

 (午後)  おもしろカー「クロール・バギートラック」   

      講師:台東区少年少女発明 クラブの先生達

 3月29日(日)  本づくりのひみつ 〜“リングとじ”の発明ノートを作ってみよう!〜

          講師:大日本印刷株式会社の皆さん

 

同じ教室会場では、サイエンス演芸師「善ちゃん」のサイエンス教室を毎日開催。
人気者の善ちゃん、前後左右を子供たちに囲まれ、大忙しです。

25日には地下のホールでサイエンスショーもやってくれました。こちらも大爆笑・大興奮!

いかがでしたか?楽しい5日間でしたよ〜。
昨年以上のご来場者にお越しいただき、大いに盛り上がりました。ありがとうございました。
来年も充実した内容で開催する予定です。来年もお待ちしております!
 
「春休みは、発明くふう展を観に行こう!」

 

第73回全日本学生児童発明くふう展を開催します

会 期:平成27年3月25日(水)〜29日(日)
時 間:10:00〜17:00(初日は12時から、最終日16時まで)
会 場:科学技術館(東京・北の丸公園内) 1階催事場
入場料、参加料: 無料(2Fより上の科学館スペースには別途入館料がかかります) 
 
 
イベント概要
 
 〜監本学生児童発明くふう展 受賞作品(158点)展示
 
  恩賜記念賞・特別賞受賞作品 
   
 
  受賞結果一覧はこちらから ⇒  ◇公益社団法人発明協会HPへ◇ 
 
 
 発明教室や特別展示などスケジュール ⇒ こちらを見てね!
 
           
 
   会場へのアクセス
 
  <東京メトロ東西線>   T-08「竹橋」駅下車(1b出口)   徒歩7分     
                      T-07「九段下」駅下車(2番出口) 徒歩7分
  <東京メトロ半蔵門線>  Z-06「九段下」駅下車(2番出口) 徒歩7分
  <都営地下鉄新宿線>   S-05「九段下」駅下車(2番出口) 徒歩7分     
 
  
【お問合せ】青少年創造性グループ 03-3502-5434

 

 

審査結果発表。日本人は全員が受賞の大健闘!

金メダル 坂井君、関口君。関口君はインドネシア特別賞も受賞。

銀メダル 大屋さん

銅メダル 岸本君、古畑さん、森山さん

銅メダル 上野君、笹渡君

古畑・森山コンビは香港特別賞も受賞

中国特別賞 大西君

タイ特別賞 柴田さんと笹渡君

最後に残った幸松君が呼ばれた瞬間

見事、台湾特別賞を受賞!

 ホテルに戻り、全員で記念撮影。やったぞニッポン!!

ホテルスタッフの方も、出発前に頑張ってと見送りしてくれましたが、

たくさんの賞状とメダルを持って帰ってきた姿に驚いていました。

こうしてIEYI2014は無事終了。

翌日夜の便で日本へ向け帰国の途につきました。

帰りの便でもANAのCAさんからメッセージカードをいただきました。

 

11月3日 羽田空港着

解団式

団長から「みんな良く頑張りました」との賞賛の言葉。

 

しかし、解団式が終わってもしばらくの間、団員たちはその場にとどまり、

楽しかった一週間の余韻に浸っていました。

 

苦楽を共にした仲間たち、なかなか別れることができません。

 

まだ帰らない。

 

全然帰らない。

 

この後みんなは再会を誓い、やっと帰宅したのでした。

団員のみなさんお疲れ様でした。本当に充実した一週間でした。

最後に、大西君が描いてくれた団員のイラストを紹介して、この記事を終わります。

 

 

 

10月31日

 この日は一般の来場者に混じって審査員もブースを訪問。気を抜けない一日です。

笹渡君は作品を実際にかぶってPR。かぶりたがる人も。

緊張気味の上野君。目の前にいるのはタイの審査員。

幸松君は審査員相手に堂々たる説明。

古畑・森山のチャレコンコンビと来場者。

大屋さんと来場者。

 

11月1日
 展覧会最終日。午前中は一般来場者へ作品を紹介しました。
 
 
  看板前で日本派遣団の集合写真。
 
 
各国から一名ずつ参加して行ったトークショーでは、主催者のリクエストで坂井君が出演し、
ステージで発表を行いました。
 
さあ、夕方からはLIPI講堂で表彰式。日本代表団の結果やいかに。
 

つづく

 

IEYI2014 インドネシアレポート

10月30日

 IEYI2014、ついに開会! 11か国から142作品が集まりました!
  
 
会場のSMESCO。
 
 
 
開会式会場
 
 
各国を代表して扇谷団長がスピーチ
 
 
 
(ちょっと退屈な)開会式が終わり、ついに展覧会スタート!!
スタートから日本ブースには人だかり。いきなりの本番に団員も緊張しながら作品説明を行います。
 
 
大屋さんの「ガウスでGO」は初日から大人気
 
 
 
坂井君が作品を紹介している美男美女は、現地の観光大使的な人だそうです。
 
 
 
日本ブースの盛況ぶり。毎日こんな感じでした。
 

柴田さんと来場者。会期中に何回記念撮影をしたことでしょうか。

関口君は、自作のパネルを使って説明。

岸本君の作品は、点字ブロックを踏むと音声ガイドが出るというもの、

英語で吹き込みなおした音声ガイドを実際に聞いてもらっています。

最年長の幸松君は、大きな声と紙芝居風のパネルで来場者に説明。

絵画で参加した大西君。丁寧に説明しています。

 つづく

 

IEYI2014(世界青少年発明工夫展) 日本派遣団が今年も大活躍!

10月30日から11月1日まで、インドネシアのジャカルタにおいて開催されたIEYI2014の模様を写真と共にご紹介します。
 
初日(平成26年10月27日)
 
結団式
 インドネシア派遣団結団式が発明会館で挙行されました。
 今年の団員は、それぞれ全日本学生児童発明くふう展、未来の科学の夢絵画展、全国少年少女チャレンジ創造コンテストで特別賞を受賞した精鋭10名。
 まだまだ緊張が解けず、硬い表情の団員達。

文部科学省表敬訪問
   結団式の後は、常盤豊 文部科学省研究振興局長を表敬訪問しました。常盤局長からは「文部科学省は、グローバル対応とイノベーション創出の二点に力を注いでいる。自らの発明をもって海外に出ていく皆さんはまさにこれからの時代を背負っていく人材。頑張ってきてください」との激励のお言葉をいただきました。

続いて特許庁へ表敬訪問
   伊藤仁 特許庁長官よりお話を伺った後、特別に長官室に招かれ、室内の貴重  
   な展示品について、長官直々にご説明をいただきました。
   その後、特許庁職員の方々のご案内により、1Fロビーに展示されている高橋是
   清像や日本の十大発明家について説明していただきました。

 

この日は羽田空港そばのホテルに一泊し、翌朝、いよいよインドネシアへ。

1028

羽田で出発を待つ団員たち。これからの日々が楽しくなるのかならないのか。

まだ不安な表情に見えますね。

飛行機でのサプライズ。キャビンアテンダントさんから、大会頑張って!の応援メッセージが

入ったカードのプレゼント。ANAのCAさん、ありがとうございました。

スカルノハッタ国際空港からホテルへバスで移動し、翌日からのIEYIに備え早め(多分)に就寝。

10月29日 ブース準備
 
会場のSMESCOはホテルからバスで50分ほど(渋滞がなければ15分)日本派遣団は会場に一番乗り。冷房が効いていない中、冷却シートを貼って設営に取り掛かりました。いよいよ明日から本番。
 
 

 

明日の開会式で上映する各国代表のメッセージ映像。

日本は女の子4人が撮影に臨みました。

 つづく

Youtubeで見るIEYI2014

カテゴリ : 
クラブの活動状況ブログ
執筆 : 
jimukyoku 2014-11-5 21:06

検索してもうまく見つけられない、という声をききましたので、こちらにまとめてみました。

前日準備の最中、代表団のビデオ撮影の声がかかりました。その模様。

 

前日のブースセッティングの様子です

 

 初日の様子、大西さんや柴田さんが絵画の説明をしています。

 

初日2 チャレコンコンビ、古畑さん、森山さんの作品説明

初日3 関口さんの来場者対応

初日4 日本ブース各人の様子

初日5 岸本さんの作品説明

初日7(6が行方不明)

 チャレコンデモ走行の様子。

二日目 前日体調の悪かった上野さんの元気なプレゼンと日本ブース混雑の様子

二日目2 大西画伯のイラスト作成ほか

二日目3 展覧会終了後に遊んでいる様子

最終日 表彰式 金メダリストがコールされる様子

                                                          以上

 

 

 

 

 

 

?3?イQ??\アb?IAe??O