このサイトは競輪の補助金を受けて作成したものです。

メインメニュー
運営者


Japan Institute of Invention and Innovation
青少年創造性グループ
〒105-0001
東京都港区虎ノ門3-1-1
虎の門三丁目ビルディング
TEL 03-3502-5434
FAX 03-3502-3485

http://koueki.jiii.or.jp/

検索

発明クラブ活動状況 - 最新エントリー

 

平成26年11月4日
青少年創造性グループ
 
IEYI2014(世界青少年発明工夫展) 結果報告
 
 (写真多めに掲載してます)
 
  
1.イベント概要
 
   オープニング映像(日本代表は4:09から)

閉会式で上映された映像(6:55から) 

   
 その他、日本代表の動画 「YoutubeでみるIEYI」へ 
 
   名  称 : International Exhibition for Young Inventors 2014(世界青少年発明工夫展)
 主  催 : インドネシア、インドネシア科学院(LIPI)
 開催期間 : 10月30日〜11月1日(派遣期間 10月27日〜11月3日)
 会  場 : SMESCO Exhibition hall (南ジャカルタ市)
 
2.期間中詳細
 
 10月27日  結団式、表敬訪問(文部科学省、特許庁)、ホテル泊(羽田)
 10月28日  羽田発、インドネシア着
 10月29日  前日準備(ブースセッティング)
 10月30日  展覧会初日(一般来場者への説明)
 10月31日   〃 二日目(一般来場者及び審査員への説明)
 11月 1日  展覧会最終日(一般来場者への説明)、閉会式、表彰式
 11月 2日  市内見学、ジャカルタ発・帰国
 11月 3日    羽田着
 
3.参加国・地域等
   
   11か国、142作品(エジプト、インド、イラン、香港、日本、マレーシア、フィリピン、
台湾、タイ、インドネシア、ナイジェリア)
                ※エジプト、インド、イランは当日不参加
4.審査結果
  
   審査員の評価・審議の上、金メダル20、銀メダル20、銅メダル30の計70のメダルと、
   各国からの特別賞が授与される。
   日本代表は、「全日本学生児童発明くふう展」、「未来の科学の夢絵画展」、
   「全国少年少女チャレンジ創造コンテスト」で特別賞を受賞した11名・10作品で構成された。
 
   審査結果は以下の通り。
 
71回全日本学生児童発明くふう展受賞者)
 
大屋美結(ガウスでGO!手回し協力かたむき迷路)      
銀メダル
 
 
 
関口晃生(パラパラまんがオルゴール)     
金メダル、インドネシア特別賞
 
上野翔喜(とれないんです)    
銅メダル
 
笹渡大喜(かさぼうし)       
銅メダル、タイ特別賞
 
台湾特別賞
 
金メダル
 
岸本健志(しゃべる点字ブロック)  
銅メダル
 
岸本さんはこんなところでも紹介されていました。
 

(第36回未来の科学の夢絵画展受賞者)
 柴田美奈穂(富士山自然エネルギー都市) 
 タイ特別賞
 
 大西研介 (竜巻バスターズ)    
 中国特別賞
 
(第3回全国少年少女チャレンジ創造コンテスト受賞者)
 古畑栞里、森山 唯奈(赤の兵)   
 銅メダル、香港特別賞
 
              日本派遣団の受賞結果   金2、銀1、銅4、各国特別賞6
 
 
                                              以上
 
 

 

 7月1日より、第58回東京都児童生徒発明くふう展の募集を開始します。

昨年は全国展で2作品が特別賞を受賞するなど、本展へ出品される作品の

レベルも年々上がってきています。今年はどのような作品が寄せられるか、今から楽しみです。

申込書はこちらから(PDF)!! ⇒  

開 催 要 項
1.参加資格:都内の小・中学校に在学する児童・生徒
2.募集作品:児童・生徒自身の創意くふうによる自由作品
            サイズ:縦・横・高さ各1m以内、重量20坩米癲(サイズ超過のものは選外となります)
            数量:学校、発明クラブ単位でお申し込みください。
           1校・1クラブにつき最大20作品、生徒1名につき1作品まで。(共同製作は3名まで)
              備考:現物送付時、動作の説明用に動画(1分以内)を添えていただくことも可能です。
            ※次の作品は応募できません。
                 単なる模型・工作品・手芸品、危険なもの、展示にふさわしくないもの、市販のキットを組み立てたもの、
          HP・本・テレビ番組等で紹介されたアイデアをそのまま使ったもの、著作権のあるキャラクター等及び類
          似したデザイン・名称を使ったもの。
3.応募方法:所定の出品申込書並びに出品票に必要事項を記入の上、作品の写真を添付して
              公益社団法人発明協会 青少年創造性グループへ応募期間内にお申し込みください。
              お申し込みの際、作品現物の送付はしないでください。
4.応募期間:平成26年7月1日(火)〜10月10日(金)書類必着
5.審  査:書類審査を行い、同審査通過作品を主催者が委託する審査委員(学識経験者及び関係官庁職員等)により審査します。
              (書類審査結果は10月28日(火)頃までに、現物審査結果は11月14日(金)頃までにFAXにて通知します)。
作品の搬入書類審査通過作品11月7日(金)必着にて発明協会に送付ください。
                ご持参の場合、午後2時〜5時の間に搬入して下さい。【地下鉄銀座線「虎ノ門駅」より徒歩5分】
6.展 覧 会:特別賞・優秀賞・入選の各作品を展示いたします。
(1)会期…12月10日(水)〜 12月13日(土)
                          午前10時〜午後4時(但し最終日は午後2時まで)
(2)会場…東京都議会議事堂 都政ギャラリー 〔予定〕
(3)作品の搬出優秀賞および入選作品12月13日(土)午後2時〜5時の間に
                          展覧会場からお引き取り願います。
                ※特別賞受賞の13作品は全国展に推薦いたしますので発明協会にて保管させていただきます。
                ※作品の取り扱いには最善の注意を払いますが、万一不可抗力により紛失または破損した場合は
                 ご容赦ください。
7.表  彰:(1)個人表彰【 出品児童生徒に対する表彰】
               イ.特別賞13点
                      東京都知事賞      1点  東京都教育委員会賞  1点  発明協会会長奨励賞   1点
                      東京商工会議所会頭賞  1点  毎日新聞社賞     1点  毎日小学生新聞賞    1点
                      日刊工業新聞社賞    1点  日本弁理士会会長賞  1点  東京文具工業連盟会長賞 1点
                      発明協会奨励賞(渡邉・吉田・蟻川・梶原各発明記念賞) 4点
                    ロ.優秀賞21点   ハ.入選 56点 (予定)
(2)学校表彰【 出品校に対する表彰 】
                 東京都教育委員会賞  3校
8.表 彰 式:12月13日(土)午後2時〜 都民ホール(都議会議事堂1階)〔予定〕

【担当・問い合わせ】

〒105-0001

港区虎ノ門2-9-14

公益社団法人発明協会 青少年創造性グループ 前野 士郎

03-3502-5434 fax03-3502-3485

平成26年3月26日(水)から30日(日)までの5日間、東京・北の丸公園の「科学技術館」で開催した

「第72回全日本学生児童発明くふう展」の会期中の模様を写真で振り返ります。

 
会場内は、 ‖72回全日本学生児童発明くふう展 入選作品155点の展示
 
          
  
        発明教室
         
 
        B郛綸纏匕家鏡展示
         
  
        ち韻舛磴鵑離汽ぅ┘鵐攻擬
         
 
       ヌ亙鑄陛玄
         
 
 
に分かれています。
 
「見て、体験して、遊べる」会場になっており、5日間で3,000人以上のお客さんが訪れてくれました。
 
それでは、それぞれの様子をもう少し詳しくご紹介しましょう。
 
 ◇入選作品展示◇
    
   
    やはり人気が高いのは恩賜記念賞・特別賞。
    青いジャンパーの係員が操作方法などを説明しています。
 
    
 
    昼前後は来場者のピーク時間。こんなにいっぱいの人たちが。
 
    
 
    会場中で発明くふう作品を楽しんでくれました。
 
 
    

  ◇発明教室◇

   発明教室は毎日違う内容で、協賛企業や発明クラブなどの協力を得て開催しました。

   今年もすごいラインナップ。連日満員で大盛況!

   まず初日の3月26日は、本田技研工業さんによる、

   「ダンボールでミニASIMOを作ろう!! Hondaドリームハンズ」

      

   27日は三菱電機さんによる、

   「ペットボトルを使って風力発電しよう! 風と羽根の不思議な関係」

   

   28日は2種類の教室を開催しました。

   まず、台東区少年少女発明クラブによる、

   「コロコロ二輪車を作ろう!」

   

   パイロットコーポレーションさんによる、

   「知ってみよう!作ってみよう万年筆」

   

  29日はトヨタ技術会さんによる、

  「科学のびっくり箱!なぜなにレクチャー  ホバークラフト」

  

  最終日の30日は、大日本印刷さんによる

  「本づくりのひみつ

    リングとじの発明ノートを作ってみよう!」

 

 ◇卓上電子顕微鏡◇

  3万倍もの倍率でミクロの世界をみることのできる電子顕微鏡を

  日立ハイテクノロジーズさんのご協力で展示しました。

  

 ◇善ちゃんの日替わりサイエンス教室◇

  あの、「サイエンス演芸師 善ちゃん」も毎日会場でたくさんのはつめいキッズを

  楽しませてくれました。

    

  すごい時はこんな人だかりで、善ちゃん大忙し。

  そして、27日には善ちゃんの真骨頂!「サイエンスショー」も開催し、                      

  会場は笑いと驚きに包まれました。

  

  ◇ホンモノ?ニセモノ?君はわかるかな?(模倣品展示)◇

  国際知的財産保護フォーラム(IIPPF)のご協力で、今年も模倣品の展示を行いました。

  模倣品のあまりの精巧さに、見る人もびっくりです。

  

  

 どうでしたか?なかなか充実した会場でしょう(自画自賛)。

 今年もたくさんのはつめいキッズにご来場いただき、ありがとうございました。

 本当はもっともっと良い写真があるのですが、今回はここまで。

 また来年も開催しますので、ぜひお越しくださいね!

 

  

 

今年の優秀作品84点を集め、展覧会を開催します。

都内の児童生徒の豊かな発想に基づき作られた作品の数々をぜひご覧ください。
入場無料です。
 
会期:平成25年12月14日(土)〜12月18日(水)
   9:00〜16:00まで(最終日は14:00まで)
 
会場:都議会議事堂1階「都政ギャラリー」
 

本日、9月13日から21日までの間、千葉市生涯学習センターアトリウムにおいて、

「第35回未来の科学の夢絵画展」の移動展示を開催しています。

今年で3回目となった千葉市での展示ですが、その効果もあって、昨年は千葉市からの

応募作品数が大幅に増えました。

そして、今回はついに、千葉市からの入選作品も飾ることができました!

その作品はコチラ!

来週の「青少年の日フェスタ」のサテライトイベントとして開催するこの絵画展示、

多くの少年少女が刺激を受け、未来の科学の夢を絵画に表現してくれることを

期待しています。

21日には様々な団体がブースを出して教室を行いますので、お近くの皆さんは

ぜひ生涯学習センターに遊びに来てください!

※平成25年度「青少年日フェスタ」詳細はこちら

 

 

第57回東京都児童生徒発明くふう展の募集を開始しました。

      申込書類のダウンロードはこちらから ⇒   

          開 催 要 項


1.参加資格:都内の小・中学校に在学する児童・生徒

2.募集作品:児童・生徒自身の創意くふうによる自由作品
   
     サイズ:縦・横・高さ各1m以内、重量20坩米癲
            (サイズ超過のものは選外となります)
       数量:学校、発明クラブ単位でお申し込みください。
       1校・1クラブにつき最大20作品、生徒1名につき1作品まで。
       備考:現物送付時、動作の説明用に動画(1分以内)を添えていただくことも可能です。
 
   ※次の作品は応募できません。
     単なる模型・工作品・手芸品、危険なもの、展示にふさわ
      しくないもの、市販のキットを組み立てたもの、HP・
      本・テレビ番組等で紹介されたアイデアをそのまま使った
      もの、著作権のあるキャラクター等及び類似したデザイ
      ン・名称を使ったもの。

3.応募方法:所定の出品申込書並びに出品票に必要事項を記入の
             上、作品の写真を添付して

     公益社団法人発明協会 青少年創造性グループへ
     応募期間内にお申し込みください。
     (お申し込みの際、作品現物の送付はしないでください)

4.応募期間:平成25年7月1日(月)〜 9月19日(木)
             書類必着

5.審  査:書類審査を行い、同審査通過作品を主催者が委託す
             る審査委員(学識経験者及び関係官庁職員等)によ
             り審査します。
     (書類審査結果は10月8日(火)頃までに、現物
              審査結果は10月24日(木)頃までにFAXにて通
              知します)。

作品の搬入…書類審査通過作品は10月16日(木)必着にて発
            明協会に送付ください。

  ご持参の場合、午後2時〜5時の間に搬入して下さ
            い。【地下鉄銀座線「虎ノ門駅」より徒歩5分】

6.展 覧 会:特別賞・優秀賞・入選の各作品を展示いたします。

(1)会期…12月14日(土)〜 12月18日(水)
  午前9時〜午後4時(但し最終日は午後1時まで)
(2)会場…東京都議会議事堂 都政ギャラリー 〔予定〕
(3)作品の搬出…優秀賞および入選作品は12月18日(水)
                 午後2時〜5時の間に展覧会場からお引き取り
         ください。
※特別賞受賞の13作品は全国展に推薦いた
          しますので発明協会にて保管させていただき
          ます。
※作品の取り扱いには最善の注意を払います
          が、万一不可抗力により紛失または破損した
          場合はご容赦ください。

7.表  彰:(1)個人表彰【 出品児童生徒に対する表彰 】
 イ.特別賞13点
                         東京都知事賞       1点  
             東京都教育委員会賞    1点  
             発明協会会長奨励賞    1点
             東京商工会議所会頭賞   1点  
             毎日新聞社賞        1点  
             毎日小学生新聞賞     1点
             日刊工業新聞社賞     1点  
             日本弁理士会会長賞     1点  
             東京文具工業連盟会長賞  1点
             発明協会奨励賞(渡邉・吉田・蟻川・
             梶原各発明記念賞) 4点
 
ロ.優秀賞21点  ハ.入選 56点 (予定)

(2)学校表彰【 出品校に対する表彰 】
   東京都教育委員会賞  3校

8.表 彰 式:12月15日(日)午後2時〜 
              都民ホール(都議会議事堂1階)〔予定〕
 

【問い合わせ先】 青少年創造性グループ 前野  03-3502-5434

 初日からのダイジェストを写真でお届けします。

発明会館での結団式     及川副会長から委嘱状の交付、まだ緊張している様子。
  
 
 表敬訪問    
 
 世界知的所有権機関(WIPO)日本事務所 夏目所長からは笑顔の作り方を教えていただきました
 
 
表敬訪問    
  
 文部科学省 吉田研究振興局長からは激励のお言葉をいただきました
 
 
 
表敬訪問
  
  特許庁 櫻井特許技監と  
  その後、特許庁職員さんより高橋是清や10大発明家についても紹介がありました。
 
 
 
 
成田空港からいよいよ出発   クアラルンプールには早朝到着
 
 
 
各自でブースのセッティング 持参した装飾品で日本らしさと作品の良さをアピール
 
 
 
 
 
 
展覧会風景  各国の来場者の質問に英語・日本語・ジェスチャー・作品の動作、ポスターなど、すべてを使って答えます。
 
 
 
 
 
 
 
 
日本ブースはいつも人だかり、記念写真をせがまれる光景も
 
3日間頑張って、最後は晴れの表彰式。全員が金メダルを受賞しました!
 
   
 
 
 
 
 会場とホテルの往復だったみんなにも、やっと観光の余裕が。 
  
 最終日、ツインタワー前で。
 
 
 終わってみれば早かった。あっという間の帰国です。
 成田空港での解団式。 
 
 
 扇谷団長から賞状とともにプレゼントが贈られた
 
 
 
駆け足ですが、熱の冷めぬ間に速報レポートをお送りしました。
団員のみなさん、本当にお疲れ様でした。そしてよく頑張りました。
 
また逢う日まで!ますますのご活躍をお祈りしています!!
 
 
 
 

 

 ゴールドラッシュ!! 

IEYI2013(世界青少年発明工夫展)で日本代表が活躍

 青少年創造性開発育成国際交流 マレーシア派遣団 結果報告!!

 平成25年5月7日(火)〜13日(月)の間、マレーシア、クアラルンプールで開催された「世界青少年発明工夫展」(IEYI2013)での日本派遣団の活躍を速報でお伝えします!!

【受賞結果】

           \郷紂”∧拭         ゞ皀瓮瀬襦▲泪譟璽轡特別賞

           ラティフ 亜門         金メダル

      澤田 海            金メダル

           和地 南々子         金メダル、インドネシア特別賞

           赤沼 優真          金メダル、マレーシア特別賞、

                                                     タイ特別賞、インドネシア特別賞

           坂田 敏明          金メダル、香港特別賞

           三浦 七海          金メダル

           ┣本有生、木村朱里、木村優介       金メダル

 
この派遣団は第70回全日本学生児童発明くふう展で特別賞を受賞した7名並びに第2回全国少年少女チャレンジ創造コンテストで文部科学大臣賞を受賞したチーム3名で構成されています。
それぞれの作品については、以下からご覧いただけます。
 
 
 
 
 
1.派遣期間
   平成25年5月7日(火)〜13日(月)
 
2.派遣先及び参加行事
     マレーシア クアラルンプール 
世界青少年発明工夫展(IEYI : International Exhibition for Young Inventors)
 
3.派遣団(14名)
 
団 長   扇谷 高男   (公社)発明協会    参与
副団長   前野 士郎      〃        青少年創造性グループ
事務長   盒供^貎痢   憤貅辧鉾明推進協会 市場開発グループ
秘書長   村下 和美   (公社)発明協会   青少年創造性グループ
 
 団員    \郷紂”∧拭  (中1 第70回学生展 恩賜記念賞)
▲薀謄フ 亜門 (高2    〃    文部科学大臣賞)
澤田 海    (中1    〃    経済産業大臣賞)   
は唾蓮‘遏校辧 蔽罍魁    掘   発明協会会長賞)   
ダ崗臓〕タ拭    (中1              〃       )       
坂田 敏明   (高2    〃    毎日新聞社賞)
Щ葦此ー軍ぁ    (中2    〃    NHK会長賞)
┣本有生    (中2 第2回チャレコン 文部科学大臣賞)
木村朱里    (                            〃                )
木村優介    (                            〃                ) 
 

【結果報告】

 第70回全日本学生児童発明くふう展特別賞受賞者7名並びに第2回全国少年少女チャレンジ創造コンテスト文部科学大臣賞受賞チーム3名による青少年創造性開発育成国際交流マレーシア派遣団は、5月7日の結団式後、表敬訪問先の文部科学省、特許庁、WIPO日本事務所での激励を受け、マレーシア クアラルンプールで開催された世界青少年発明工夫展(IEYI2013)参加のため渡馬した。

 本年度の参加国・地域は日本の他、マレーシア、フィリピン、韓国、台湾、香港、ベトナム、インドネシア、タイ、シンガポールの計10か国・地域。

 主催は現地の発明奨励機関であるMINDS(Malaysian Invention & Design Society)。

 IEYI2013は、クアラルンプール市内の大型展示施設KLCC (Kuala Lumpur Convention Centre)で5月9日〜11日までの3日間開催された。

 会期中、派遣団員は各自のブースにおいて、来場したマレーシア市民並びに他の参加国に対し、自作の説明を英語・日本語を交えて行った。

 日本からの作品はいずれも高い評価と関心を得、ブース前は連日多くの来場者で賑わった。

 初日には審査員2名による作品評価が行われ、2日目午前には会場入り口において受賞結果が掲示された。

 初日の審査員の評価に基づき、得点上位の者に対し金銀銅の各メダルが与えられる他、参加各国から任意の特別賞が与えられる。

 日本人メンバーの作品は質の高さが評価され、全員が金メダルを受賞。また、複数のメンバーが各国の特別賞を受賞した。

 なお、例年授与されている、最高賞(Grand Award)は、主催者方針により実施されなかった。 

☆写真で見る マレーシア派遣団ダイジェスト

☆展覧会場での様子(youtube)                                       

http://www.youtube.com/watch?v=h7Tvrul9QVs

http://www.youtube.com/watch?v=Paq-JtU0JFU

http://www.youtube.com/watch?v=l5tNH8eVPNA

http://www.youtube.com/watch?v=AE_LoLZWWoM

http://www.youtube.com/watch?v=qPmZIk6tJVo

 ☆新聞等での受賞報道

  和地さん(5/15 上毛新聞へのリンク)   http://www.raijin.com/ns/3013685429292622/news.html

     三浦さん(5/21 山形新聞へのリンク)   http://www.yamagata-np.jp/news/201305/21/kj_2013052100472.php 

     澤田くん(5/29 室蘭民報へのリンク)http://www.muromin.mnw.jp/murominn-web/back/2013/05/29/20130529m_02.html

  岡本さん、木村さん、木村くん(6/22 キャッチネットワークへのリンク)http://www.katch.co.jp/community/katchtime/detail.html?id=901

 

本派遣団は競輪の補助金を受けて実施いたしました
 

3月27日から31日まで、東京・北の丸公園の科学技術館で「第71回全日本学生児童発明くふう展」を

開催します! 会場では、優秀作品158点の展示のほか、協賛企業、発明クラブなどによる日替わり

の発明教室、模倣品展示などを行います。

<p>★★ 第3回チャレコン全国大会の報告書を掲載しました。 ★★</p>
<p>詳細は過去の全国大会の様子のページ「第3回全国大会」をご覧ください。<a href="http://kids.jiii.or.jp/modules/pico/index.php?content_id=341">第3回チャレコン全国大会</a>を見る</p>

?3?イQ??\アb?IAe??O