このサイトは競輪の補助金を受けて作成したものです。

メインメニュー
運営者


Japan Institute of Invention and Innovation
青少年創造性グループ
〒105-0001
東京都港区虎ノ門2-9-14
発明会館内
TEL 03-3502-5434
FAX 03-3502-3485

http://koueki.jiii.or.jp/

検索

地域活性化アイデア創作活動状況 - 「はちのへ子ども観光大使」になろう!! 地域アイデア創作教室

「はちのへ子ども観光大使」になろう!! 地域アイデア創作教室

カテゴリ : 
地域活性化アイデア創作活動状況 » 東北地区 » 青森県支部 » 八戸市少年少女発明クラブ
執筆 : 
jimukyoku 2010-7-9 16:17
こんにちは。事務局の村下です。

発明クラブの子どもたちが自分のまちをお助けする「地域アイデア創作教室」に、
7月4日(日)から新たなプロジェクトが加わりました!
今回は、八戸市少年少女発明クラブの第1回目の活動をレポートします!




青森県八戸市は、東北新幹線の終着駅です。
「はやて」を利用すると、東京駅から約3時間で行けるのはご存知でしょうか?
思ったより近い!というのが印象です。

今、八戸市は7月31日〜8月4日まで八戸三社大祭(はちのへさんしゃたいさい)という
とても伝統的なお祭りに向けて、町のあちこちで壮大な山車の製作が行われています。



また、それぞれの町内で、子どもたちが太鼓を練習しているそうです。
私たちが訪れた夜も、息のそろった、太鼓の音がドーン、ドンと聞こえてきて、
どこか懐かしい、日本らしい風情を味わうことができました。

さて、今回、八戸市少年少女発明クラブの
中級コースとクリエイティブコースのメンバーは
「はちのへ子ども観光大使」になろう!!
という目標を持って、子ども会社を立ち上げることになりました!


講師は、宮城教育大学教職員大学院准教授の渡邊忠彦先生です。


ところで、簡単に会社を立ち上げると言いましたが、
会社を立ち上げるのは、大人にとってもハードルが高いですよね。。。

さて、八戸での教室ではどのように子どもたちは
会社を立ち上げていくのでしょう?

7月5日(日)の活動はこんなプロセスでした。
=======================================
 /靴靴ぅ▲ぅ妊△鮴犬濬个垢燭瓩糧觀
◆“戸ってどんなまち?魅力をもっと知ろう?
 さあ、会社を作るぞ!会社名と事業計画を決めよう
=======================================


まずは、
/靴靴ぅ▲ぅ妊△鮴犬濬个垢燭瓩糧觀
についてです。

これは、大人でも知りたいことですよね。

渡邊先生、こんな問題をいくつか出しています。
みなさん考えてみましょう。





こたえは、分かりましたか?
他にも色々な種類の問題がありましたが、
どれもちょっと発想の転換が必要なものばかりでした。



つまり、
新しいアイデアの秘訣とは、
・思い込みを捨てよう
・色々な角度から見てみよう
ということが大事なんだそうです。


みんな、元気に手をあげてこたえを発表していました。
アイデア力では、決して大人に負けていませんでしたよ!




ここで、渡邊先生から提案が!!!


・みんなのアイデアで八戸のまちを元気にしてみよう。
・子ども観光大使になって、さらに八戸の町を有名にしよう!

さらに、
・みんなのアイデアがうまく行ったら、発明協会のホームページにも
その成果を載せてもらおう!!
・さらに、うまくいったら、八戸市にも採用してもらおう!!


みんな、自分にそんなことできるかなー!?
と自分の力に半信半疑だったけれど、
でも、なんか楽しそう、と思っているように見えましたよ!

みんな、絶対にできる!


こうして、八戸の発明キッズたちの活動がスタートしました。


次回は、八戸ってどんなまち?魅力をもっと知ろう?
をレポートします。

八戸は食事も美味しく、景色もきれいなところで、
本当に良いところだということを、たくさん紹介していただきました
次回は、その一部を皆さんにもご紹介します

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://kids.jiii.or.jp/modules/d3blog2/tb.php/10
?3?イQ??\アb?IAe??O