このサイトは競輪の補助金を受けて作成したものです。

メインメニュー
運営者


Japan Institute of Invention and Innovation
青少年創造性グループ
〒105-0001
東京都港区虎ノ門3-1-1
虎の門三丁目ビルディング
TEL 03-3502-5434
FAX 03-3502-3485

http://koueki.jiii.or.jp/

検索

お知らせ - 第10回 チャレコン全国大会レポート

第10回 チャレコン全国大会レポート

カテゴリ : 
おしらせ
執筆 : 
jimukyoku 2019-12-18 18:47

令和元年11月30日(土)

 
ついにこの日が来てしまいました。
 
10回目となる「少年少女チャレンジ創造コンテスト 全国大会」当日です!
 
晴れてはいますが寒い東京。東工大の会議室から、富士山がきれいに見えます。
チャレコンの頂上にはだれが登るのか、いよいよ決戦です。
 
会場はおなじみの東京工業大学屋内運動場。
 
早くから選手が続々集まってきます。
 

 
審判による車検。
 
サイズOK
 
 
  
見よ、この人だかり。
  
 
オーディエンスもそろったところで
 

 
 
 
まずは入場行進。用意はよろしいでしょうか。
 
 
ゼッケン11  千葉 松戸2号  
 
 
ゼッケン16  東京 kinako 
 
ゼッケン19  神奈川 古代人 
 
ゼッケン22  愛知 隼TOYOTA 
 
ゼッケン24  愛知 モーニング少女にしお2019 
 
ゼッケン33  富山 高岡御車山パフォーマンス
 
ゼッケン43  奈良県 チームTMY 
 
ゼッケン52  愛媛 アハトアハト 
 
ゼッケン55  佐賀 TM 
 
ゼッケン60  沖縄 やんばるの森探検 
 
 
開会式。発明協会中嶋副会長の掛け声に合わせて、「エイ エイ オー!」 ややテンポ遅め。
 
 
60チームが揃い、いよいよ予選のスタートです!
 
ゼッケン2 青森県 ワン フォア オール  W杯ラグビーの激闘
 
ゼッケン8 群馬 KS  群馬の自然と進化の歴史を表現。長い! 
 
出番が済んだ選手も、他のチームの作品を見て勉強です。
 
ゼッケン31 愛知県 ウリ坊ズ には強力なサポーターが  
 
ゼッケン34 富山県 砺波チューリップスT6  ただいま収穫中!
 
ゼッケン39 大阪府 はにわ姉妹  百舌鳥・古市古墳群 
 
 お昼をはさんで、午後の決勝に進む20チームが決定。
 
呼び出しのかかった大分のチーム別府はガッツポーズ!
 
さあ決勝スタート!!  
1分間のプレゼンテーションに続いてパフォーマンスを行います。
 
 
17番 東京都 どんぐりモモンガ 
  
 
 
長―いプレゼンシートを準備してきたのは21番 愛知県 チームワールド
 
 
 
36番 福井県 HSM建設  
 
 
 
コンテスト委員も慎重に審査を行っています 
 
 
39番 京都のKATSURA 3Hの息の合ったプレゼン 
 
 
45番 島根県 チームSAT 
 
昨年最優秀賞。10月のインドネシア派遣でも活躍した
59番 宮崎の あやめ〜みやこんじょのはな〜は2連覇なるか。 
 
 
 
決勝終了後は毎年恒例となっている刈谷の先生方による即興課題教室。 
 
 
 
その裏側で開催されていたコンテスト委員会で各賞が決まりました。
委員も着席し、表彰式スタートです。
 
 
さあ、今年の金メダルは誰の手に!
 
まず、特許庁長官賞。
宮崎 あやめ〜みやこんじょのはな〜が、昨年に続き金メダルを受賞。
インドネシアで共に頑張った大阪のRSブラザーズに並ぶ快挙!
チームを引っ張ってきた中学3年生のお姉ちゃんは今年で引退。見事有終の美を飾りました。
 
 
そして最優秀賞、文部科学大臣賞は。
東京都 どんぐりモモンガに決まりました!
 
こちらは初出場・最年少という快挙。インタビューでは勝つ自信があったとコメント。
末恐ろしい。
 
 
 
最後に、広瀬先生から重大な発表が。 
 
「来年からルールを変更します!」
 
大きく変わるのは
  1. 自動連結が必須ではない
  2. スタートとゴールがない(指定エリア内での自由パフォーマンス)
     
の2点です。詳しくは来年お知らせします。
 
 
ということで、毎年駆け足のレポートをお送りしました。
来年も頑張るぞ!
 

                                       GG

競輪

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://kids.jiii.or.jp/modules/d3blog4/tb.php/167
?3?イQ??\アb?IAe??O