このサイトは競輪の補助金を受けて作成したものです。

メインメニュー
運営者


Japan Institute of Invention and Innovation
青少年創造性グループ
〒105-0001
東京都港区虎ノ門2-9-14
発明会館内
TEL 03-3502-5434
FAX 03-3502-3485

http://koueki.jiii.or.jp/

検索

地域活性化アイデア創作活動状況 - 豊後高田少年少女発明クラブカテゴリのエントリ

こんにちは。事務局のパセリくんです。

大分県の豊後高田少年少女発明クラブの地域アイデア創作教室の続編をレポートします!

前回、9月の活動では豊後高田のそばを有名にするためにゆるキャラを作ることを決めデザインや設計を行なっ てきましたが、今回はそれを形にする活動です。

<1日目:9月18日>
前回考えたゆるキャラを実際に作るために必要な材料はクラブ指導員の先生方が色々と集めてきてくれました。
・ゆるキャラ本体用の角材や、針金
・おそば用の麻ひも
・足や手用の発砲スチロールなどなど

また、豊後高田市ケーブルネットワークが子どもたちの活動を取材に来てくれました。
さらに、今日の昼食は「豊後高田そば」です。何杯もおかわりしてパワーをつけていた子もいました。


☆彡 仲良しそば会社では、ゆるキャラ「おそバァ〜」と命名した、どんぶりおそばをイメージしたおバァ〜ちゃん 店員を製作しました。

園芸用の針金で、どんぶり(ゆるキャラの頭)を作っていました。

また、おバァ〜ちゃん店員の着物も作りました。

☆彡 そばMAX会社では、ゆるキャラ「そばもりくん」と「つゆくん」と命名し、ざるそばをイメージしたゆるキャラを2 体製作しました。

角材で作った箱がそばもりくんの頭と胴です。

・・・1日目の活動は終わり・・・

豊後高田の真玉海岸では、日本の夕陽百選に選ばれるほど美しい夕日をみることができます。発明クラブの会長さんが連れていってくれました。

http://kids.jiii.or.jp/uploads/fckeditor/uid000002_20110411100742539cbe02.jpghttp://kids.jiii.or.jp/uploads/fckeditor/uid000002_201104111007522694a70a.jpg

         夕日に全国大会の成功を誓うチャレコン事務局コンビ・・・

 

<2日目:9月19日>
ゆるキャラ作りも終盤に近づき、最終日にはクラブ員だけでなく、保護者や兄弟姉妹もお手伝いに来てくれました 。
今日は塗装や水のりを使うので野外で行いました。天気もよく、参加者全員一生懸命に作っていました。

☆彡 仲良しそば会社のゆるキャラ「おそバァ〜」のどんぶり部分の頭もだいぶ形が出来てきました。のりが乾か ず顔の仕上げまでは出来ませんでした。

しかし、おそバァ〜がはく大きな下駄は出来ました。下駄を履いて歩けるか試していました。

「おそバァ〜」のデザイナーと完成イメージすです。



☆彡 そばMAX会社のゆるキャラ「そばもりくん」と「つゆくん」も完成に近づき、小物の箸や靴も出来ました。


一通り出来たところで、全員で記念写真です。


(追申)
今回作ったゆるキャラはまだ完成とまではいかなかったので、今後もクラブ独自活動として続けて活動し完成させ、来春開催される”豊後高田そば祭り”で子どもたちがゆるキャラを着て豊後高田のそばをPRしていく予定とのことで す。

(続報)
豊後高田産秋そば解禁にあわせてゆるキャ ラのお披露目をおこなったニュースが豊後高田市のホームページに掲載されました。

こんにちは。事務局のパセリくんです。

発明クラブの子どもたちが自分のまちをお助けする「地域アイデア創作教室」に、 8月から新たなプロジェクトがスタートしました。
今回は、去る、8月27日(金)、28日(土)、9月18日(土)19日(日)の4日間行なった、 大分県の豊後高田少年少女発明クラブの活動をレポートします!

*****************************
* 豊後高田のみなさん 報告が大変遅れてごめんなさい!!! *
*****************************

豊後高田市は、大分県の北東部、国東(くにさき)半島の西側に位置しており、瀬戸内式気候で温暖で過ごしやす く、豊かな自然に囲まれています。同市には昭和30年代にタイムスリップしたような商店街があり、 「昭和の町」としても知られています。

さて、今回地域アイデア創作教室のテーマとして選ばれたのは「おそば」です。これまではほとんど作られていな かった「おそば」を、平成15年から本格的に栽培するようになり、豊後高田市の新しい名物として売り出そうという 取り組みが徐々に広がっています。
なんと、豊後高田手打ちそば認定店というものもあります。


そこで、豊後高田少年少女発明クラブのメンバーに課せられた今回のミッションは
「豊後高田のそばを有名にしてほいい!」です。
この重要なミッションにチャレンジしたのは豊後高田少年少女発明クラブのメンバー24名です。

<1日目:8月27日>
町の課題にチャレンジする前に、豊後高田そば生産組合代表の小川さんから豊後高田のそばについて色々とお 話を聞き、最後に「豊後高田のお”そば”を日本中に有名にしてほしい!」と頼まれました。

町の現状と課題を聞いた発明クラブのちびっこチャレンジャーは、
「なんか?!すごいことを頼まれちゃった!どうしよう?」
「みんなで考えれば出来る!発明クラブ員だもん!!」と励ましあっていました。

そこで、地域アイデア創作教室を行なうために大阪から来てくれた吉谷先生から
「おそばを有名にする方 法 を考えるだけではつまらないので…???、豊後高田のおそばをアピールする大きなものを作ってPRしたらどう かな?!」との助言があり、
課題の解決にむけて子どもたちは4グループに分れ、各グループが子ども会 社を作り、先ず ”どのようにして有名にしようか” 基本方針やアイデアを考えていました。


みんなが考えているときに、なんと!大分県のゆるキャラ ”めじろん” が子どもたちの活動を聞いて激励に来て くれ ました。


”めじろん”を身近に見て、”そば”を題材にした新しいおそばゆるキャラを作ることにしたようです。

子ども会社の事業方針の発表です。
 ,修MAX    (社長:板清雅也) ;ゆるキャラ「そばテレビ、そばざえもん、そばじろう」
◆.愁个邸      兵卍后Ф疇N誕澄法┐修个量や食べ方をPRする「スーパーメニュー」
 有名そば会社 (社長:安藤有輝) ;ゆるキャラ「そばもりくんとつゆくん」
ぁ|腓茲靴修弌   丙粥耕攷唇Α法  ;ゆるキャラ「おそバァ〜」

吉谷先生から「実際に着られるゆるキャラを製作する場合は足が短いほうがいい」との助言があり、明日細かい 設計に入ることにしました。


<2日目:8月28日>
ゆるキャラ作りに入る前に、吉谷先生からゆるキャラの構造や製作時のアドバイスを聞きました。
「ゆるキャラの顔は少し大きめにすること。大きすぎてもダメ」
「首があると、設計が大変」
「かわいくしようとするならば、足は短いほうがいい」

そして、実物大の本物のゆるキャラを作るために、4つあった子ども会社を2社に統合して共同制作することにな りました。
統合した各社は持ち寄ったアイデアを活かしながら実際に作るゆるキャラを決め、オリジナリティのあるゆるキャ ラ設計に取り掛かりました。

 |舂匹靴修个痢屬そバァ〜」+ソバづの「スーパーメニュー」
◆,修MAXの3人+有名そば会社の「そばもりくん、つゆくん」


先ず、自分達が着て歩けるように子供用の型紙作りから始めました。


今回2日間の成果を記念して集合写真をとり次回9月に向けて頑張っていました。

次回は、みんなで考えたゆるキャラを実際に作る活動です。 さあ、どんなゆるキャラが出来るでしょうか?
乞うご期待!!!

?3?イQ??\アb?IAe??O